更年期のイライラは漢方で改善!どう改善されていったのか2つお伝えします。


私の母は、50歳前半です。40代半ばから更年期に入り、母の両親の介護などでかなりしんどい思いをしていました。

急に体調がおかしくなったり、上半身がほてって、足元が冷えたりしていました。

体も疲れやすく、余裕がなくて、すぐにイライラして八つ当たりをしていました。それで病院に行くとそこは漢方をよく処方している病院でした。

そして漢方を処方されみるみる元気になっていきました。どのように改善されていったのか2つお伝えします。

手足の冷えがマシになったこと

先生に処方された漢方は、体力や血液を補っていく漢方、気の巡りを良くしていく漢方だったらしく、母は真面目に漢方を飲み、日に日に血流がよくなっていきました。

漢方を飲んで1か月ほど。イライラしやすい状態は減り、体も疲れなくなってきました。

イライラ感や八つ当たりがなくなった

受診する前は、母は私に頻繁に八つ当たりをしていました。

周りのことは全て娘のせい、全く関係ない人のせい、他人のせいにしていました。

母も先生にいろいろな相談をしたのですが、更年期がさせるか、それとも性格なのかわからなくなる程八つ当たりが酷かったです。でもそれが、漢方を処方されてから、日に日に明るくなり、ネガティブにならなくなりました。

心が晴れて軽くなったように見えました。

周りもびっくりでした。家族も知り合いも。『◯◯さん、本当に変わったね。前と全然違うね。元気になって良かったね。』と近所の方に言われました。

ここまで漢方の力はすごいんだと思いました。家族で穏やかに過ごす日も増え、今では本当に感謝です。

漢方は独特の臭いや感触はありますが、普通のお薬とは違い、効き目がすごいというか、なんというか表現がしにくいですが、うつの方にも効くと聞いたことがあります。母は現在は大変元気です。漢方と先生のおかげだと言っています。

Comments are closed.